ジョー・ポリッシュ&マイケルE.ガーバーのインタビュー記事その1「起業家が持つ第四の人格とは?」


本日は、ジョー・ポリッシュ氏による、マイケルE.ガーバーのインタビュー記事をご紹介します。

ジョー・ポリッシュ氏は、カーペットクリーニングのビジネスで成功した人物であり、リチャードブランソン氏など、多くの有名経営者との人脈があることでも知られています。

unnamed

このインタビューでは、書籍E-Myth(はじめの一歩を踏み出そう)よりも、さらに突っ込んで、”起業家が持つべき視点”について掘り下げています。

少し長いので、何度かに分けてご紹介します。今日は第一回目です。

ぜひご参考にされてみてください。


Joe Polish:こんにちは、ジョー・ポリッシュです。今日は特別なゲストを招いています。

皆さんも私がいつもE-Myth(邦題:はじめの一歩を踏み出そう)の書籍やマイケルE.ガーバーについて話しているのを聞いている思いますが、今日は、そのマイケルE.ガーバーがゲストです。

では、さっそく質問に入っていきます。

マイケル、非凡なビジネスオーナーとそうではないビジネスオーナーの違いは何でしょうか?

Michael E. Gerber:これまでに会った中で、本当に、奇跡的な成功を収めているビジネスオーナーは、“起業家の視点”を持っています。彼らはビジネスの外側から働きかけ(Work ON business)、彼らがどこにいようとも機能するビジネスを作り上げています。

一方のほかの人たちは、ビジネスの中で働いており(Work IN business)、彼らが休めば会社は機能しなくなってしまいます。

また、非凡な人たちは、仕事のやり方を向上させる方法を常に探しており、不可能と思える障害を乗り越えるシステマチックな方法を探し続けています。それが彼らのビジネスを非常に独特なものへと進化させているのです。

Joe Polish:なるほど。そのシステマチックな、というのはどういう意味でしょう?

Michael E. Gerber: あなたの仕事を見渡してみれば、すべてがシステムになっています。あなた独自の方法、そうではない方法、それら仕事のやり方がすべてシステムです。中には、とても効果的に機能しているシステムもあれば、そうではないシステムもあります。

起業家的な視点を持つ人は、達成すべき結果を生み出すための最高のシステムが何かを追求し続けています。それはステップ1、ステップ2、のように手順書である場合もありますし、戦略、計画、メソッドの集合体でもあります。それらがうまくまとまって機能することで、会社としてひとつの目的を達成できるのです。

Joe Polish:あなたが書籍で書いているとおり、多くのビジネスは失敗しますが、彼らはなぜ破綻してしまうのでしょうか。

Michael E. Gerber:ビジネスを始める人は、会社をリストラされて独立せざるを得なくなったか、自ら望んで独立したかのどちらかです。

いずれにしろ、ビジネスをうまく運用するには、方法論やプロセス、やり方を学ばないといけないにもかかわらず、彼らはそれまでに身に付けた一般常識や技術があればビジネスを運営できると勘違いしています。これは書籍に書いてあるとおりですが、その勘違いが命取りになります。

あなたの業界で言えば、「カーペットをクリーニングする仕事」は、ビジネス運営の中の一部の仕事でしかないのです。その仕事と、「カーペットクリーニングビジネスを構築する仕事」は別物です。

Joe Polish:そのとおりですね。多くの人がビジネスの構築方法を学ぶことに苦戦しています。

Michael E. Gerber:私の本は、「何かをやる方法」を書いたものではありません。「何をやるべきか」を書いたものです。ビジネスの外側から働きかけるとは、「何をやるべきか」を考え、ビジネスを全体を設計することです。そして、自分に依存しないビジネスを構築することです。

世の中の大半の本やトレーニングで語られている、あれをやる方法、これをやる方法を学ぶこととは全く異なります。

Joe Polish:そうですね。では、システム化について考えるための最初のステップは何でしょうか?

Michael E. Gerber:そうですね。まず、私の本を読んでほしいと思います。これは私の独自の考えだけで書かれた本ではありません。実際に成功しているビジネスオーナーは、彼らが意識していようといまいと、この本に書かれているとおりに会社を運営しています。

そして、私の会社もその本に書かれているとおりに運営し、世界中で知られる会社になりました。

次にやってほしいことは、あなたの人生で何を求めているのかを自問することです。あなたはどのような人生を送りたいのか?それを知らなければ、どのようなビジネスを創ればよいのかが決まらないでしょう。

最終的にどのようなビジネスを創るのかが決まらなければ、出来ることはひとつだけです。毎日、会社にいって、働けなくなるまで、同じ仕事をやり続けるだけです。

上司に管理されるのが嫌で独立する人も多いですが、彼らは独立すると、結局、別の上司、つまり、“仕事“という上司に管理されるだけになってしまいます。

Joe Polish:まったくそのとおりですね。会社をなんとか運営するために、いくつもの役割をこなして、目的地の定まらないまま進んでいきます。

Michael E. Gerber:それがまた問題を引き起こします。仕事をするけれども、前に進んでいるかどうかがわからないのです。目の前にある仕事にはベストを尽くすものの、その結果、どうなるのか、どこに向かっているのか、前進しているのか、後退しているのか、わからないのです。

Joe Polish:ここはこのインタビューの中でも、もっとも大切な部分ですね。あとでもっと掘り下げたいのですが、その前に前提知識をクリアにしておきたいと思います。あなたの書籍の中で、3つの人格の話が出てきますね。

Michael E. Gerber:はい、私たちはみんな、異なる人格を自分の中に持っています。たとえば、父親としての自分、夫としての自分、兄としての自分などです。そして、その瞬間瞬間で、どれかの人格が強く出ています。

ビジネスオーナーとしては、3つの人格があり、「職人」、「マネージャー」、「起業家」です。詳しくは本に書いてありますが、職人は、目の前の仕事をする人で、マネージャーはシステム的に考え、人を使って結果を出す人、起業家は未来を形作る人です。

そして、実は4番目の人格、「マスター」がいます。マスターの仕事は、言ってみれば、映画監督です。3人の人格をどのタイミングで登場させるかを意識的にコントロールします。

マスターがいなければ、3人の人格が成り行きだけで登場してしまいます。マスターがいることで、3つの人格を的確なタイミングで登場させ、それぞれの人格の持つ強みを最大限に引き出すことができます。そして、日々の仕事を最も効果的に遂行することができるのです。

勘違いしてほしくないのは、私たちの中には、「職人」「マネージャー」「起業家」、すべての人格が存在し、そのどれもが必要不可欠だということです。どれが欠けても会社は混乱します。

だから大切なことは、3つの人格のバランスをコントロールし、それぞれの人格がビジネス構築の過程で果たす役割を理解することです。

>>次回に続く

清水直樹

清水直樹

一般財団法人日本アントレプレナー学会代表理事 大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後独立し、海外不動産の紹介会社を起業した後、携帯電話普及の波に乗る形で、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。その後、海外の経営ノウハウをリサーチし続け、2011年に世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会う。同氏の日本におけるマスター・ライセンシーとなり、2013年には日本初のE-Myth社認定コーチ(E-Myth社はマイケルE.ガーバーが創った世界初の中小企業向けビジネスコーチング会社)になる。現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。