ジョー・ポリッシュ&マイケルE.ガーバーのインタビュー記事その3「官僚主義に陥らず、会社を仕組み化する」


前回に引き続いて、ジョー・ポリッシュ氏による、マイケルE.ガーバーのインタビュー記事、最終回をご紹介します。

前回を見逃した方は、こちらから先にご覧ください。

その1「起業家の4番目の人格」

その2.優れた人材の条件、”傭兵”、”作業者”、”志士”の違いとは?」

今回は、ビジネスオーナーが本来するべき仕事について話しています。

ぜひご参考にされてみてください。


Joe Polish:「傭兵」「作業者」「志士」の話が出てきましたが、「志士」が活躍できる環境が大切だということでしょうか。

Michael E. Gerber: 大切というよりも、それがすべてです。非凡な会社では、社員が志士で占められています。非凡な会社を探して、見てみればわかるでしょう。

ただし、人に志士になることを強いることはできません。会話の中で彼らが何を信じているかを理解し、彼らの信じていることとあなたの信じていることの関わりを持たせることが必要です。

そして、そこから彼らの能力を育てることが必要です。あなたの会社に必要な振る舞い、スキルなどの基準が必要になります。それによって、あなたの会社は一定の結果を出し続けることができるのです。

ビジネスオーナーの仕事は、そういった環境や構造を作ることです。それをやらなければ、会社の経営責任を放棄しているようなものです。

人材とシステムとビジョン、それをうまく統合することです。この3つのうち、どれが欠けてもうまくいきません。

ビジョンはあるが、システムが無い会社は、常に問題が発生し続けます。
システムはあるが、ビジョンが無い会社は、官僚主義に陥ります。
優秀な人はいるけれども、システムやビジョンが無い会社は、無秩序になります。

私たちの生活を支配している一般的なルールが無ければ、生活が混乱に陥るのと同じく、基準やルールが必要なのです。そして、それらの基準やルールにはビジネスオーナーの価値観が反映されています。これはどんな業界だろうと同じことです。

Joe Polish:これは多くの経営者にとって、ビジネスをまったく新しい視点で捉える考え方ですね。

あなたは講演や書籍で、ビジネスとはゲームだと書いています。だから私も自分の会社をゲームのようにしようとしています。システムやルール、メンバーの目標を知らせることで、楽しくなります。

Michael E. Gerber: そうですね。私たちは社員の魂をつかまないといけません。表面上の心や感情ではありません。もっと深いレベルです。

たとえば、ギャングのような組織に若者が集まるのはなぜでしょう?強制されたからでしょうか?

いいえ、違いますね。何かにつながっていたいと思うからギャングに入るのです。いまの世の中、多くの人は、魂でつながれるものを持っていません。だからそれを提供する場所に若者が集まるのです。

ビジネスも同じようなものです。ビジネスは、人々が魂でつながれるものになることができるのです。

悲しいことに、この世俗的な現代では、国や地域、宗教もそれをやってくれません。だからすべてのビジネスオーナーは、理解しなくてはいけません。魂でつながれる場所を作るのが自分たちの仕事であると。

私たちは会社の中で、自分たち独自の世界を作っているのです。そして、その世界には、すべての人を結びつける接着剤のようなものが必要です。それがビジョンであり、価値観です。ビジョンと価値観を情熱的に、理解できる形で表現しなくてはいけません。そこから自社独自のカラー、ゲームのルールになります。

Joe Polish:とても面白いですね。あなたはそれを自社でやるだけではなく、ほかのビジネスオーナーにも伝えてきたわけですね。それができれば、非凡なビジネスが誕生するだけではなく、そこで働いている人、さらにその子供、孫の人生にまで影響を与えます。それこそ、ビジネスをうまく機能させることが大切な理由ですね。

<<インタビュー終わり

清水直樹

清水直樹

一般財団法人日本アントレプレナー学会代表理事 大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後独立し、海外不動産の紹介会社を起業した後、携帯電話普及の波に乗る形で、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。その後、海外の経営ノウハウをリサーチし続け、2011年に世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会う。同氏の日本におけるマスター・ライセンシーとなり、2013年には日本初のE-Myth社認定コーチ(E-Myth社はマイケルE.ガーバーが創った世界初の中小企業向けビジネスコーチング会社)になる。現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。