人材育成の3段階「徒弟・匠・棟梁」


Young businesspeople

ほとんどすべてのスモールビジネスが人材についての問題を抱えている。

・新人がなかなか育たない。
・一人前になってもすぐに辞めてしまう。
・自主的に動いてくれない。
・優秀な人材が入社してくれない。

これら全ての問題が起こるのは、彼らが求めているものをあなたが与えられてないのが原因である。

彼らが求めているものとは、”成長”である。

すべての人は成長を求める。

成長こそ、すべての人類に備わっている本能である。

だからあなたの会社では、彼らに成長できる機会を与えなくてはいけない。

そして、人材育成には、とても基本的な3つの段階がある。

一段階目は、徒弟(アパレンティス)。

あなたの会社に入ってきた人達は、必ずこの第一段階を踏む必要がある。

彼らがどんな経験を持っていようと関係ない。

徒弟は、あなたの会社の中で働くにあたって、知っておくべきことを学ぶ。

そして、徒弟が覚えるべきことは、明確に定義されていなければならない。

彼らに求められることは、「誠実」であることだ。

会社のビジョンに誠実であること、仕事の内容に誠実であること、会社のルールに誠実であること。

二段階目は、匠(クラフツマン)。

仕事を覚え、自分が会社に誠実であることを確認したら、次は匠の段階になる。

匠は自立して仕事が出来る。

匠に求められることは、「希望」である。

更に上の段階に成長するという「希望」で仕事をすることだ。

三段階目は、棟梁(マスター)。

棟梁は徒弟と匠をまとめ、現場を指揮する。

棟梁に求められることは、「慈愛」である。

仕事の技術を慈愛の心で他の者たちに教えるために仕事をする。

どんな会社の人材育成にも、この3段階が組み込まれているべきであり、かつ、誰でもその段階を経て成長できるようにしていかなければならない。


(注)
徒弟、匠、棟梁は、フリーメイソンの起源とされているストーリーから来ている。フリーメイソンの起源は、宗教施設などを作る石工職人たちの職業組合だったとされ、彼らが仕事をするにあたって、秩序を保てるよう、職人たちの成長システムが作られた。それが徒弟、匠、棟梁であり、かつそれぞれの段階で求められる、「誠実(Faith)」、「希望(Hope)」、「慈愛(Charity)」も当時のストーリーから引用されている。

マイケルE. ガーバー

マイケルE. ガーバー

米EMyth創業者、Michael E.Gerber Companies会長。世界No.1のスモールビジネスの権威(米INC誌による)。1977年に世界初のビジネスコーチング会社、マイケル・トーマス・コーポレーションを設立。その後、約40年間にわたって、7万社の中小・スモールビジネスをクライアントに抱える会社に成長させた。「E-Myth革命」や「会社をE-Myth化する」などの言葉が生まれるほど、世界中のスモールビジネスに変革をもたらしてきた。1985年には、初の書籍、「E-Myth(邦題:はじめの一歩を踏み出そう)」を出版。「起業家の視点(職人、マネージャー、起業家という3つの人格)」、「ビジネスのシステム化」、「フランチャイズプロトタイプ」、「ビジネス開発プロセス」などの新しい概念を提唱し、現在につながる、スモールビジネス経営の新しいスタンダードを創った。同書は、16カ国語に翻訳され、700万部以上のベストセラーとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。