ドリームマネジメント事例「㈱ARIGATOUホールディングス様」


ドリームマネジメントプログラムの導入事例として、新宿で不動産事業を行う成長企業、㈱ARIGATOUホールディングス様のインタビューをご紹介します。インタビュワーは、ドリームマネジメント認定ファシリテーターの佐々木亮輔氏(http://r-faith.com/dream_management/)です。

 

~社員一人ひとりの夢の実現が、最強のチームを作り出す~

obi_img

>>アマゾンでチェックするにはここをクリック

 

今、話題のアメリカで生まれた究極のライフコーチングプログラム「ドリームマネジメント」とは何か??

アメリカで世界的の導入実績のある「ドリームマネジメント」のセッションが日本で行われるようになってきて3年が経過しました。一般企業、経営者、市議会議員、講演家、美容師、理容師など、業界を問わず、様々な方々にドリームマネジメントを受講して頂き、受講者数も延べ1,000人を超えるまでになりました。

自分の夢、人生をマネジメントする「究極のライフコーチングプログラム」でもあるドリームマネジメントの組織に対する理念は「組織を動かす人間が理想に近づこうと努力するとき、その組織もまた理想に近づく」です。

ドリームマネジメントのセッションを通じて、一人ひとりが夢を持ち、その夢の実現のために努力をすることによって、自然と最高の組織に近づいていきます。夢を語り合うことによって、「心理的安全性」が保たれ、さらに、お互いの夢を応援する風土ができます。

「夢」というと、個人個人がそれぞれのやり方で実現していくものという認識が強かったのではないでしょうか?夢を持つのも実現できるのも一握りの人だけで、大多数の人達は夢も持てず、持てたとしても実現できないという認識が強かったのではないでしょうか?

ドリームマネジメントは誰でも夢を持てるようになり、その夢を社員同士で応援し合う環境を自然に生みだします。1人ひとりが夢を持ち、その夢を社員同士で応援し合う環境が生まれると、最強のチームを生み出します。

ドリームマネジメントは、従来にない夢をテーマとした組織マネジメントであり、まさに「夢のマネジメント」なのです。

今回は、2年前からドリームマネジメントを導入して理想の組織へと急成長を遂げ、売上も50億を超えるまでになった㈱ARIGATOUホールディングス様にインタビューをさせて頂きました。

 

Q1 御社の事業内容を教えてください。

ARIGATOUホールディングスグループは、グループ会社の統括を⾏っております。メインの事業としましては、アセットイノベーション株式会社という不動産売買事業です。『不動産を通じて⼈を幸せにする』という理念のもと活動を⾏っています。 どこの会社でどんな不動産を買うかよりも、誰から買うか、そして、お客様とその周りの人達がどうなりたいから不動産を買うかということが重要だと常に考えています。私たちは、お客様の⼈⽣のトータルサポートとして全⼒で取り組んでおります。
※アセットイノベーション(URL:http://www.prime-agent.co.jp

 

 

Q2ドリームマネジメントを導入しようとしたきっかけを教えて下さい。

きっかけはドリームマネジメントの元になっている「ザ・ドリーム・マネージャー」という本でした。 本を通じて、夢をもつ素晴らしさ、そして、お互いの夢を応援し合う環境が会社を良い⽅向に変えていくということを、代表をはじめ全社員が学ばせて頂きました。それまでは社員同⼠で夢を語り合う機会がなかったので、夢を語り合うことで社員のモチベーションアップや絆が深まること、また社員一人ひとりが⾃発的に動くようになることを期待し導⼊しました。

 

 

Q3 ドリームマネジメントを導入した後、社員の方々、会社の変化を教えて下さい。

ドリームマネジメントを導⼊する前はあまり夢を語らなかった社員達が、導⼊後から社員同⼠で夢を語るようになりました。社員同士の夢への関⼼が深まり、お互いの夢を実現するために応援し合う環境ができてきました。ドリームマネジメントの素晴らしさを全員が実感したので、弊社では独⾃の取り組みとして夢カレンダーを作成しています。夢カレンダーとは、⼤型のカレンダーに社員それぞれの夢を書くことで⾒える化を図り、夢の達成度合いを共有することができます。 夢を語り合うことで社員はイキイキとし、会社で働くことにワクワク感を持ち、また、社員のコミュニケーションの活発化にもつながっています。

 

 

Q4 御社の理念、ビジョン、将来の夢を教えてください。

 

【理念】

「ARIGATOUを通じて⼈を幸せにする」

 

【ビジョン】

「⼤和⼼を誇りに世界をより良いものにする。“100社100年100事業”の企業グ ループを創る」

 

ARIGATOU(A:Happiness、R:Learn、I:Smile、G:Grow、A:Inovation、T:Thanks、 O:Omotenashi、U:Contribution)という価値観を⼤切にし、これらを基に事業を通じて⾃分も周りの⼈も幸せにするという理念を掲げています。 私たちが⽣きているのは当たり前ではなく、両親や先祖の⽅々が命のバトンをつないで来たからこそ、幸せな⽇々を過ごすことができています。先祖の⽅々が築き上げてきた⽇本を誇りに思い、世界に対してより良いものを発信していくために仕事をしています。信頼や実績を積み重ね、多くの⽅の夢を叶えるためにグループ企業を作ります。

 

 

Q5 御社の強みを教えてください。 

私たちは、商品やサービスの提供だけではなく様々な活動を⾏っています。社会貢献プ ロジェクトと称して、障害者スポーツの協賛をしており、健常者と障害者の枠を超えて 共に豊かな⽇本の未来を創造するための活動をしています。また、カンボジア⽀援も精⼒的に⾏っています。カンボジアではたくさんの⼦供たちが地雷で命を落としています。 そんな⼦供たちを減らし、より幸せな⼈が増えるように毎⽉地雷撤去や孤児院の⽀援活動をしています。さらには、毎年現地に⾜を運び、⼦供たちや現地の⽅々と触れ合い命 の重みや⽣きることは簡単ではないということを感じています。 カンボジア⽀援活動 (URL:http://arigatou-holdings.co.jp/approach/arigatou ⽀援機構 /2016/1226/3629/)

 

 

_____________________________________________

 

ドリームマネジメントは、社員の夢を叶えることを使命としています。

そして、それぞれの社員が自ら働きたくなる社内環境を整え、最終的に会社を成功へと導きます。

ドリームマネジメントは企業様で導入して頂く場合が多いですが、夢を実現したい方々のチーム(経営者、経営幹部、セミナー講師、コンサル等)など、様々なケースでセッションを行っています。

ドリームマネジメントの社内ファシリテーター制度もございます。また体験会や個別相談も随時おこなっておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

 

■ドリームマネジメント導入に関するお問合せ

http://r-faith.com/contact.html

 

■ドリームマネジメント公式サイト

http://welovedream.com/

 

■ドリームマネジメント社内ファシリテーター制度

 

清水直樹

清水直樹

一般財団法人日本アントレプレナー学会代表理事 大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後独立し、海外不動産の紹介会社を起業した後、携帯電話普及の波に乗る形で、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。その後、海外の経営ノウハウをリサーチし続け、2011年に世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会う。同氏の日本におけるマスター・ライセンシーとなり、2013年には日本初のE-Myth社認定コーチ(E-Myth社はマイケルE.ガーバーが創った世界初の中小企業向けビジネスコーチング会社)になる。現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。